スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘイミッシュ、2 歳 5 ヶ月の体重。

英国ゴールデン・レトリーバーのオス、ヘイミッシュ。
無事 2 歳 5 ヶ月を迎えたので、恒例の体重チェック。

今月は、やや増加して 36.0kg ですが、誤差の範囲です。


ちょっとヘイミッシュを呼んでみましょうか?
「ヘイミッシュ、おいで!」

D75_6621_D700_201207.jpg
(D700/Nokton 58mm F1.4 SLII)

D75_6622_D700_201207.jpg
(D700/Nokton 58mm F1.4 SLII)

D75_6624_D700_201207.jpg
(D700/Nokton 58mm F1.4 SLII)

到着。
やっぱり体が軽そうですね。
飼い主の僕が見習わなくちゃいけませんね。
関連記事

テーマ : ゴールデン・レトリーバーとの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

初めての訪問です

2012年4月8日生まれのゴールデンです。前のゴールデン(アメリカ種)は17歳まで家族をしてくれました。その後4年目、孫が小学3年になったので父親がもうそろそろと再度ゴールデンを買おうと云い出しました。
結局選んだのが性格がおとなしい、あまり大きくならない、優しいというキャッチにのってイギリス種を購入しました。
実際は大人しくない、9ヶ月で26キロまだまだ食欲旺盛、人様を癒すのでなくて人様から癒される名人ならぬ名犬です。小3孫が話が違うねと言いながら結構姉妹をやっています。いつの間にか彼女の23キロを超しています。
ゴールデンの標準体重をネットで調べていてヘイミッシュの写真に遭遇、?エイミィと同じ顔という事でサイトに入りこみました。9ヶ月で26キロ、標準ですね。今後ともよろしく

>> Amyエイミィの爺ちゃんさんへ。

>> Amyエイミィの爺ちゃんさん。
 こんにちは。
 そして、初めまして。

 ゴールデンで 17 歳ですか!!!
 ものすごく長生きでしたね。
 良い一生を過ごされたのではないかと思います。

 英国タイプのゴールデンは性格がおとなしくて、あまり大きくならないのですか。
 ここイギリスでは、少なくとも僕はそういう話は聞いたことがないですね。
 イギリスでのゴールデンのイメージは、
  1. とにかく陽気で 4 歳過ぎるまでは興奮しやすくて
  2. でもしつけや芸はとても入りやすくて、
  3. 人や犬に対してとてもフレンドリーで、
  4. 体は大きいけど締まっていて、毛はクリーム色で、
  5. 関節に負担がかかりやすいので注意が必要
 という感じです。

 標準体重っていうのは多分無いはずですので、
 体に付いた脂肪の厚さだとか、心拍数だとかを見ながら
 各個体のベストの体重をみていくと良いようですよ。(獣医さん談)
 4月 8 日生まれといことはちょうど 8 ヶ月ですね。
 26kg ということはメスですか。
 人様から癒される名人って、ああ、可愛いんでしょうね。

 今のところ毎日更新しています。
 また覗きに来てくださいね。
 あ、コメント、どうもありがとうございました。

イギリス種ゴールデン

初投稿へのご返事有難うございます。
日本では多くのブリーダーさんの売りが
○エレガントな室内犬
○プラチナゴールドの毛並み
○順応で気高い
なんて唱ってありますが英国では眞逆ですね、本場の評価に賛同したくなります。でも日本での評価はアメリカ種の方が英国の評判に近いかな?
ヘイミッシュは里村的なフィールドで過ごしていますか?写真で見る限り魅力あるエリアの様です。先日の記事ではすでに初雪ですか、北部の方なのでしょうか。
当地熊本は自宅の東に阿蘇の山が眺望できますがこの数日のさくさですでに真っ白になっています。亡くなったプラッキーとはよく冬山に登りました。エイミィも連れてゆきたく思っています。

>> Amyエイミィの爺ちゃんさんへ。

>> Amyエイミィの爺ちゃんさん。
 こんにちは。

 そうですね・・・、

 「エレガントな室内犬」はある意味当たっていると思います。
 ただ、興奮しやすいので、大はしゃぎするときもよくあるのですけどね。

 「プラチナゴールドの毛並み」も良いのではないでしょうか?

 「順応で気高い」の「気高い」は疑問ですね。
 順応性はたしかに高いですけどね。

 ここミルトンキーンズは、ロンドンから電車で 40 分くらいの距離にある
 人口 20 万人程度の、イギリス国内で言えば中規模以上の都市です。
 村という感じではないのです。
 イギリスは都市部であっても緑を多く取り入れているので、
 日本にはない独特の雰囲気があるんですよね。

 北緯に関しては、大体樺太の最北端と同じくらいの緯度ですが、
 暖流に囲まれているおかげか、非常に穏やかで暖かく、
 最低気温で見ると日本のほうがむしろ寒いくらいです。
 一度イギリスまで是非遊びに来てください。

田んぼラン

ヘイミッシュ、速写で撮ったのですね。自宅近くでブッシュランが出来るのは羨ましいです。エイミィはもっぱら田んぼランか有料のフィールドに行ってますが今朝の田んぼランで猛スピードで突進してくるので近くに来たらヒラリとかわしますがそれでも2度ほどぶつけられました。
ご近所の朝散歩の方がエイミィを呼ぶのですがもう危なくてリードは離せません。本人にしてみれば嬉しくてですが飼い主にしてみればお年寄りに怪我でもさせたら大変です。つい夏ごろは尻尾振って走って甘えていたのですが今では身体が違います。事情をお話ししお許しを頂いています。
Yahoo!掲示板でかなりの長寿の板が全く訪問者がいなくてもったいないので勝手にトピ守をしています。下のタイトルで検索するとゲットできると思います。私は投稿時にエイミィの新しい写真をプロフィールに残しています。
よろしければお立ち寄りいただければ嬉しいです。

ゴールデン・レトリバー大好きな人~♪

>> Amyエイミィの爺ちゃんさんへ。

>> Amyエイミィの爺ちゃんさん。
 ヘイミッシュも小さい頃はよく人に体当りしてましたよ。
 体当りして転ばされて、カメラを壊したことまであるくらいです。
 ゴールデンは正しく教えさえすれば数回で覚えてしまいますから、
 人の手前で停まって座る訓練をすると良いと思いますよ。

 Yahoo!掲示板ですか。今度検索してみたいと思います。

人が近づくと「座れ」の命令

エイミィも人が近づくと「シット」と命令し軽くリードを引きます。きれいにお座りして通りさるのを待っています。「シット」「ウエイト」を動作の初歩に教えています。体当たりは遊びの中で出てきますね。今朝も大好きな「サクラパパ」に体当たりして尻もちをつかせてしまいました。
今朝は小3孫が散歩に同行、犬合いエリアでは上手に皆さんと打ち解ける事が出来ました。エイミィと相撲を取って見せましたが腰をおとして組み込み投げ飛ばすのはエイミィの腰高にはよく効きます、でもエイミィは何度も向かって行きます。
腕をかんだり両手で身体を挟んだり知らない人が見ると危なくてはらはらでしょうがリードだけをしっかり距離を持ってると遊びの中での甘噛みやスキンシップに近いふざけ合いですね。エイミィは良く小型犬から叱られます。本人?はふざけ合いでも小型犬にとっては覆いかぶさったりで迷惑な状況の様です。次第にお付き合いも覚えてくるでしょうね。

>> Amyエイミィの爺ちゃんさん。

>> Amyエイミィの爺ちゃんさん。
 日本語で「シット」のコマンド、最近は一般的なんでしょうか?
 まさか発音までカタカタ通りの「シット」じゃないですよね。
 そうだったら「やめてー!!!」って叫びたくなっちゃいます。(笑)

 こちらではたとえ遊びの中であっても、
 中型犬以上の犬が人に手足をかけたり飛びついたり、或いは体当りしたりすることなど
 人を転倒させてしまう可能性のある動きは絶対に許してはいけないとすることのほうが
 一般的のように思います。
 犬種のサイズにかかわらず、たとえ甘咬みであっても噛む動作も厳格に禁止されます。
 犬の知的レベルで十分に理解できる規則を、例外なくどんな時にも必ず守らせることで、
 「万が一」の事態を防ぐことが目的のようです。

 最初の頃は「結構厳しいんだなぁ」と思っていましたが、
 犬を人間社会の中で飼う以上、最低限のシンプルなルールをしっかりと体に
 染み込ませておいたほうが、ルールが単純な分、犬にとっても理解しやすいし、
 結局犬のためになるのだなと、僕は今では考えています。

 日本の場合はちょっとペットを取り巻く環境が違いますので、
 必ずしもイギリス式が良いとはいえないとは思うのですが、
 常に一貫したボスの立場を貫き通すことはとても大切なことだと思います。
 徹底すること。これは僕の課題なのです。がんばらなくちゃ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
  日   月   火   水   木   金   土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事 10 +コメント 10
おみくじ
このブログは・・・
主にイギリスのミルトン・キーンズ周辺で撮った写真を使った、単なる犬ブログです。

書いてる人:rokisuke

rokisuke rokisukephoto.blog136.fc2.com
rokisuke.tumblr.com


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

cast
    例の写真家さん:

     別名:haykichi さん
     ダイエットと体力保持のため「走らなきゃ」
     と言いつつ頻繁に挫折する人です。
     和食・韓国料理、家のデコレーション関係、
     教育関係はすべて haykichi さん担当。
     詳細は、「まる」ないちにちで!


    愛犬壱号(1994~2008):

     本名:ロッキー
     日本生まれ、日本&イギリス育ちの人気者
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     (イギリスの悪名高き検疫所の経験者です)
     American Line の純血種 JKC 登録

    ネコちゃん:

     本名:不明
     たまに出没する近所のメスネコ
     ドコの家のネコか、何歳か、詳細は不明
     ヘイミッシュの登場以降出現せず。
     んー、残念。

    愛犬弐号(2010~):

     本名:ヘイミッシュ(スコットランド名)
     2010 年 2 月中旬、イギリス生まれ
     2010 年 4 月、 rokisuke の家族に加入
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     Working Stock の純血種 KC 登録済み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。