スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリスの旧・検疫所

イギリスの悪名高い検疫システムについて。

1998 年当時、日本からイギリスに犬を連れてくる場合、
必ず 6 ヶ月間もの長い期間検疫所に入れる必要があったというのはご存知でしょうか。

検疫所といっても、Boarding Kennel(ボーディング・ケンネル)という
いわゆるペットホテルみたいな寄宿犬舎の看板を掲げている民間施設の一部が
外界と隔離した場所を提供しているだけのものなんです。

ロッキー(故・ゴールデン・レトリーバー)が入った検疫所は、
シルバーストーンサーキットの近くにあったケンネルでした。
中はこんな感じ。
SCN_3441.jpg
(unknown)

上の写真が寝る場所デス。
大体、二畳分もないくらいのコンクリート張りのスペースです。
別の角度から見るとこんな感じ。
SCN_3437.jpg
(unknown)

ここに、こんな感じの、多少動けるスペースが付いています。
SCN_3324.jpg
(unknown)

基本的に、このエリアからは出られません。
ただし、上の写真の向こう側の出口から、
毎日敷地内の散歩には連れ出して貰えたようです。
それから、面会人がこの中に入るのは自由なんですけどね。

動きたい盛りの 4 歳になるころ、
6 ヶ月間この中にロッキーは閉じ込められていました。
人間の時間経過で言ったら 2~3 年くらい閉じ込められていた計算になります。

ちなみに、これはロッキーが 4 歳の誕生日を迎えた日です。
SCN_3333.jpg
(unknown)

幸いなことに、ここのケンネルではロッキーは人気者だったんですよ。
吠えないし、人が大好きだし、おまけに英語がわからないし。
ということで、ここの従業員の方々にはずいぶんと遊んでもらったらしいんです。
英語のコマンドを覚えさせたりもしていたらしいし・・・。

今だから言っちゃいますけど、
こんな風に内緒でエリアの外にも出して貰ってたんです。
SCN_3438.jpg
(unknown)

「ロッキーは特別なんだからね。他の人には内緒だよ。」って、この人は言っていました。

1, 2, 5 枚目の写真を見ると、左前足に傷跡が見えると思います。
さすがに退屈でフラストレーションが溜まってしまったんでしょうね。
舐めて舐めて、毛が抜けて皮膚が傷になるまで舐めちゃって出来た傷なんです。


ほぼ毎日のように例の写真家さんが面会に出かけてくれたおかげで、
ロッキーも無事 6 ヶ月の検疫所生活も乗り切り、いよいよ出所日です。
ちゃんと前日にシャンプーしてくれて、従業員の人たちともお別れです。
SCN_3444.jpg
(unknown)

こんな検疫所生活を経験した後で、ロッキーはやっとイギリスに入国できました。

今となっては懐かしい思い出ですが、
やはり検疫所は出来れば経験させたくなかったですね。
運動できなかったおかげで筋力が落ちてしまって、戻すのにすごく時間がかかったし、
退屈な時に前足を舐める癖がついてしまって、矯正するのが大変でした。


え?今ですか?
今は日本-イギリス間はマイクロチップの埋め込みと血液検査程度だったかな?を
事前に行っておくことで、数時間で入国できるようになったようです。
犬にとっても飼い主にとっても、ストレスのかからない入国方法になりましたね。
あとは躾けのしっかり入った犬は手荷物扱いで飛行機に乗せることが出来るようになれば、
もっとずーっと楽になるんですけどね。
でもそうなったら、犬嫌いの人にはたまったものじゃないですね。
関連記事

テーマ : 犬の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ロッキーは大変だったんだよね。
検疫制度が変わったときにゴーンは入国できて幸せだったよ。
それでも顔つきが変わってしまっていたからロッキーはほんと大変だったね。。

さくら。さん。

ペットを海外に連れて行くとき一番大変なのが、検疫以前にフライトだと思います。
フライトの負担を減らすことが出来れば良いんですけどねぇ。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
  日   月   火   水   木   金   土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事 10 +コメント 10
おみくじ
このブログは・・・
主にイギリスのミルトン・キーンズ周辺で撮った写真を使った、単なる犬ブログです。

書いてる人:rokisuke

rokisuke rokisukephoto.blog136.fc2.com
rokisuke.tumblr.com


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

cast
    例の写真家さん:

     別名:haykichi さん
     ダイエットと体力保持のため「走らなきゃ」
     と言いつつ頻繁に挫折する人です。
     和食・韓国料理、家のデコレーション関係、
     教育関係はすべて haykichi さん担当。
     詳細は、「まる」ないちにちで!


    愛犬壱号(1994~2008):

     本名:ロッキー
     日本生まれ、日本&イギリス育ちの人気者
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     (イギリスの悪名高き検疫所の経験者です)
     American Line の純血種 JKC 登録

    ネコちゃん:

     本名:不明
     たまに出没する近所のメスネコ
     ドコの家のネコか、何歳か、詳細は不明
     ヘイミッシュの登場以降出現せず。
     んー、残念。

    愛犬弐号(2010~):

     本名:ヘイミッシュ(スコットランド名)
     2010 年 2 月中旬、イギリス生まれ
     2010 年 4 月、 rokisuke の家族に加入
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     Working Stock の純血種 KC 登録済み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。