スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The New York Times 版、写真で見る東北地方太平洋沖地震

今回の東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)。
発生から 10 日経過した現在でも、まだまだ被害の全体像は見えてきていないような段階です。

こうした中、それでも現地の様子は全国的、全世界的に報道されて続けているようです。
(もちろん、報道機関が入っていけるような場所のみで、
 しかもニュースバリューがあると判断されたもののみなのですが。)


このサイト The Aftermath in Japan(別ウィンドウで開きます)は、
The New York Times(ニューヨークタイムズ)紙のサイトの一部です。
同紙が写し撮った震災の写真が時系列にまとめられ、現在も更新が続いているようです。
海外メディアの視点と日本国内のそれとでは、少々違った部分があるためか、
被災地の様子には生々しい部分も多く写し出されているように感じられます。

これから何年も、或いは何十年も続くであろう復興作業。
その作業の支援も、必要とされる限り、衰えることなく続いて行ってほしいと思います。

その一方で、記憶の風化は確実に進みます。
しかし、こういった写真を通して現地の様子を知り、画像を残しておくことで、
たとえそれが片鱗であっても、記憶の風化は減らすことが出来るかもしれません。



春はそこまで来ています。
新たな命も生まれてきています。
例えば、こちらは羊の親子。
DSC_1469_D3100_1.jpg
(D3100/AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

先日、近所の牧草地帯を歩いた時に見かけた光景です。
子羊はまだ母乳を飲んでいる年齢です。

一方こちらは、その様子を見ながら、「あの羊たちと遊びたいなぁ。」
と考えている(であろう)ゴールデン・レトリーバーのヘイミッシュ、1 歳。
DSC_1472_D3100_1.jpg
(D3100/AF-S VR Zoom-Nikkor ED 70-300mm F4.5-5.6G(IF))

最近ちょっと反抗期で、手がかかっていますが、
こっちはみんな元気です。
そして、明日は 「例の写真家さん」 の誕生日です。
関連記事

テーマ : 海外ニュース
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

本当にお久しぶりでした。
相変わらずヘイミッシュ君の元気な姿が見られることは嬉しい事です。

りょうとはいつも行動をともにしてたのに地震後は、それも出来ず いつも置いてきぼりにされた為、かなりストレスがたまったらしいです。哀想な事をしました。
2日ばかりお腹の調子が悪く今日もまだ万全ではありません。

こちらは今日は雨だったので1日中りょうとべったり出来ました、そのためか幾分元気を取り戻しました。
では、又お邪魔させていただきます。

わんわんちさん。

お久しぶりです。そちらは色々と大変そうですね。
でも無事で何よりです。

日本の状況を考えると、いたたまれないような気持になるのですが、
無理をせずに自分たちでできる範囲のことをしていくようにと考えています。

わんわんちさんも、少し落ち着くことができるようになったら、
是非ともまたりょうくんの日常をブログに載せてください。
あ、その前にりょうくんとの時間を作って、りょうくんの体調を戻すほうが先ですね。

無理をなさらないように。

羊さんて、小さい時はすごく可愛くて
大きくなると、ちょっと目玉の黒目が
横線ってのが目立ってきて
表情読めない感が出てきますよね。

そしてあの黒羊さん、大きくなったら
お母さんと同じ色になりそな気配。
動物のデザインっておもしろいですよね。

New York Timesの写真、見ました。息がつまりそうでした。。。
韓国在住の日本人の方が「海外の報道で使う写真や映像の方が日本国内よりすごいです」とおっしゃっていたので気になっていましたが、これを見て、やっぱり!と、確信しました。
日本は放送上の配慮が激しくて、写真や映像をかなり選んで使ってるんですよね、、できることなら日本人もこちらを見た方がいいと思います。(でも精神的に体力的に耐えられる人だけですかね)
できるだけ本当の、現実を知らなければいけない気がしました。。。

子羊ちゃんで少し癒されますーー

蛇女さん。

私はあの子羊を見て、
「美味しそう!」
と思ってしまいました・・・。

むー。
明日はラムにしようかな。

ぴっちさん。

写真って、どんなに頑張っても結局、現実には及ばないと思います。
でも、写真のほうが伝えたいことが伝わりやすかったり、
見せたいところだけを見せれられたり、
その場に居たら見落としてしまっていたかもしれないことを残せたりもします。

日本の報道写真、海外の報道写真。
出来ることなら両方を見たほうが良いと思いますよ。
日本の視点に無いものは何なのか。日本の視点にしかないものは何なのか。
日本の報道は何を見せ、何を隠そうとしているのか。

但し、ぴっちさんの言うとおり、受け止めるにはそれなりの覚悟が必要です。
特にお子さんが居る方は、お子さんの精神的な成長段階を理解し、
配慮してあげることも重要だと思います。
トラウマは残したくないですからね。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
  日   月   火   水   木   金   土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事 10 +コメント 10
おみくじ
このブログは・・・
主にイギリスのミルトン・キーンズ周辺で撮った写真を使った、単なる犬ブログです。

書いてる人:rokisuke

rokisuke rokisukephoto.blog136.fc2.com
rokisuke.tumblr.com


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

cast
    例の写真家さん:

     別名:haykichi さん
     ダイエットと体力保持のため「走らなきゃ」
     と言いつつ頻繁に挫折する人です。
     和食・韓国料理、家のデコレーション関係、
     教育関係はすべて haykichi さん担当。
     詳細は、「まる」ないちにちで!


    愛犬壱号(1994~2008):

     本名:ロッキー
     日本生まれ、日本&イギリス育ちの人気者
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     (イギリスの悪名高き検疫所の経験者です)
     American Line の純血種 JKC 登録

    ネコちゃん:

     本名:不明
     たまに出没する近所のメスネコ
     ドコの家のネコか、何歳か、詳細は不明
     ヘイミッシュの登場以降出現せず。
     んー、残念。

    愛犬弐号(2010~):

     本名:ヘイミッシュ(スコットランド名)
     2010 年 2 月中旬、イギリス生まれ
     2010 年 4 月、 rokisuke の家族に加入
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     Working Stock の純血種 KC 登録済み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。