日本赤十字社に入った義捐金はどこへ行くのか

3 月 23 日に
British Red Cross に募金したお金はどこに行くのか」 というタイトルで、
東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)向けの募金のつもりで
British Red Cross に募金したらどうなるのかを書いてみました。
結果は、British Red Cross への募金は日本には渡っていかないということでしたね。

じゃあ、
直接日本赤十字社に東北関東大震災義援金として募金した場合、
そのお金はどうなるのかをちょっとだけ調べてみました。

日本赤十字社のサイトより引用

東北関東大震災義援金

 日本赤十字社では、今回の震災の被害が甚大かつ広範囲に及んでいることから、被災県組織に代わり、皆さまからの義援金を受け付けております。
 この「東北関東大震災義援金」は、国内で発生した大規模災害に対して皆さまからお寄せいただくもので、全額を義援金配分委員会に送金いたします。その後、同委員会で立てられた配分計画に基づいて、被災者の方々へ届けられます。(義援金配分委員会とは、都道府県が主体となって構成される委員会で、赤十字は構成メンバーの一員です。)



つまり、日本赤十字社で受け付けた義捐金は、
  1. 一旦、日本赤十字社でプールされ、
  2. 義援金配分委員会という災害ごとに設置される委員会に全額送金され、
  3. そこで決められた配分計画に基づいて、被災者の方々に配分される
そうなんです。

つまり、日本赤十字社に 「東北関東大震災義援金」 として募金したお金は、
被災者の手元に全額直接配分されるということになります。

いやぁ、素晴らしいな、と思います。
ですから、被災者をお金で支援したい場合は、
直接日本赤十字社に義援金として募金するのが良さそうです。



ところでですね。
被災者の皆さんが受け取る義援金の金額はどれくらいになると思いますか?
例えば 1995 年の阪神・淡路大震災の場合を見てみると、
義援金の総額は約 1800 億円にも上ったのですが、
被災者数、特に被災家屋の数も膨大な数(約 13 万軒)に上ったため、
震災により住家を全・半壊(焼)した世帯への住家損壊見舞金を見ると、
1 軒あたり、たった 10 万円の配分になってしまったようです。
神戸市の公式サイトにて確認

今回、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)への義援金は
阪神・淡路大震災を上回る金額が集まっているようですが、
災害の規模を考えると、
やはり被災者への配分はかなり少なくなってしまうのではないかと考えられます。
もう少し多くの金額が渡ると良いのですが・・・。




さて一方、日本ユニセフ協会という組織もありますね。
こちらでは以下のように定義されているようです。

日本ユニセフ協会のサイトより引用
募金の使途

日本ユニセフ協会は当面の支援活動の費用として1億円を準備しました。本緊急支援への募金口でお預かりした募金は全額、子どもたちを中心とする被災者の方々への支援に活用します。



ちなみにこの支援とは、
  1. 子どもたちの教育支援
  2. お母さんと赤ちゃんの保健支援
  3. 子どもの保護支援
だそうです。

一見まともそうに見えるのですが、
日本ユニセフ協会が行う支援が本当に必要とされている支援なのか、
その人件費や材料費などのコストが妥当なのか、
それらの支援活動を管理するための日本ユニセフ協会の経費は妥当なのか、
そういった点には疑問が残ってしまいます。

日本ユニセフ協会は国際連合児童基金(ユニセフ)とは別の組織である上に、
今までのその活動内容に関しても首をかしげたくなる内容も多いので、
妥当かどうかは各個人でご判断ください。
(ワタクシ個人は、日本ユニセフ協会は信用していません。)

最終的には、ソースのあやふやな情報は信頼せず、
各個人が責任を持って募金なり、ボランティアなりの行動を起こし、
継続して監視を続けていくこと、そして声を上げ続けていくことが重要なんだと思います。



さて。
今日の犬ブログ。

ヘイミッシュ(ゴールデン・レトリーバーのオス、もうすぐ 1 歳 2 ヶ月)はいつも楽しそう。
DSC_8018_D700_3.jpg
(D700/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED)

向こうから来る犬を発見!!!の図。
DSC_7990_D700_3.jpg
(D700/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED)

新しい首輪がポイントですね。
詳しくは昨日のブログをご参照ください。

向こうから来る犬のところにダッシュ!!!っていうこともしなくなったよ、の図。

(D700/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED)

少しずつですが落ち着きが出てきたようです。
反抗期が終わりに近づいているのかもしれません。

・・・。
いや、そんなことは無いな。
まだまだ散歩中のトレーニングは続けます。
多分、一生続けます。
関連記事

テーマ : 東北地方太平洋沖地震
ジャンル : ニュース

コメントの投稿

非公開コメント

不思議です!

前日に引き続き、又コメントしてしまいました。
兄ちゃんすっごくにあうよ(りょう)

さて、本日兄弟として又ビックリした事は、
お散歩コースが実に似ているってことです。
先週あたりからりょうを散歩させるコースを変えました。
その場所がヘイミッシュ君の2枚目と3枚目の写真と同じような感じです。
イギリスは新芽が出てきているようですが、日本はまだ枯れ枝です、でも感じが凄く似ています(少しブログの写真が小さめで分かりづらいかもしれませんが)
それからヘイミッシュくんの歯がすごくきれいなこと(あ、これは関係ないかな??)
次に舌に泥が沢山ついていること・・
おかしいですね・・あんなに離れている場所で同じような事をして・・・

しかし、りょうの反抗期はまだ真っ最中です!

Re: 不思議です!

わんわんちさん。

りょうくんも良い環境で育っているようですね!
ヘイミッシュも、わんわんちさんのブログを見習って、歯磨きしてますから。
それから、ヘイミッシュは野生児なので、木片とか枝とかをよくカジカジしています。
だから口の中は泥や木片がいっぱいです。

いつかりょうくんと遊ばせたいですね。
きっと実現すると思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
  日   月   火   水   木   金   土
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事 10 +コメント 10
おみくじ
このブログは・・・
主にイギリスのミルトン・キーンズ周辺で撮った写真を使った、単なる犬ブログです。

書いてる人:rokisuke

rokisuke rokisukephoto.blog136.fc2.com
rokisuke.tumblr.com


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

cast
    例の写真家さん:

     別名:haykichi さん
     ダイエットと体力保持のため「走らなきゃ」
     と言いつつ頻繁に挫折する人です。
     和食・韓国料理、家のデコレーション関係、
     教育関係はすべて haykichi さん担当。
     詳細は、「まる」ないちにちで!


    愛犬壱号(1994~2008):

     本名:ロッキー
     日本生まれ、日本&イギリス育ちの人気者
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     (イギリスの悪名高き検疫所の経験者です)
     American Line の純血種 JKC 登録

    ネコちゃん:

     本名:不明
     たまに出没する近所のメスネコ
     ドコの家のネコか、何歳か、詳細は不明
     ヘイミッシュの登場以降出現せず。
     んー、残念。

    愛犬弐号(2010~):

     本名:ヘイミッシュ(スコットランド名)
     2010 年 2 月中旬、イギリス生まれ
     2010 年 4 月、 rokisuke の家族に加入
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     Working Stock の純血種 KC 登録済み