スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回のウェールズでのキャンプの目的は、スノードン

今回のサマーホリデー、
北ウェールズの Beddgelert(ベスガレット)という町の近くに宿泊しました。
そのキャンプ場については、8 月 10 日分を見てください。

そこに行った理由というのはですね、
実はそこが Snowdon(スノードン)という
ウェールズで一番高い山に近い場所だったからです。

ちなみに、
一番高いといっても標高は 1085m。
たいした高さではないですよね。
所要時間約 6 時間で、
ハイキング感覚でふもとから頂上まで往復できるのです。

先代犬のロッキー(故・ゴールデン・レトリーバー)を連れて
頂上まで登ったのが 2002 年。
今回はヘイミッシュ(現・ゴールデン・レトリーバー、生後 1 歳 5 ヶ月)を連れて
登ろうと、そういうプランだったわけです。

残念ながら 2002 年のときの写真は一枚も残っていないのですが、
確か、この 1 番目の The Llanberis Track(ザ・クランベリス・トラック)の
ルートで登ったような記憶があります。
(この登山路の名前、英語じゃなくてウェールズ語なんですよ。)
mainmap.gif
(http://www.snowdon.com/ より)

この 1 番目のルート、
なだらかな斜面が続く簡単なルートなので初心者向けとのこと。

で、
今回は 5 番目の The Rhyd Ddu Track(ウェールズ語なので、
なんと読むかさっぱり分かりませんが、多分ザ・リード・ジー・トラック)。
このルート、
比較的なだらかなコースなのですが、
途中に岩場があって、
後半はやや勾配がきつくなり、
更に尾根伝いに登る場所もあるので、
前回のコースよりは難しくなっています。
でも、ルート自体はそれほど難しくはないので、
ヘイミッシュがいてもおそらく大丈夫だろうという判断ですね。

では、出発。
まずはキャンプ場から出るところ。
D74_4719_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

登り始め。
まだまだ平地ですね。
D74_4735_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

この道、羊や牛の放牧地の中を通っているので、
こんな風に羊が道路に出てくることもしばしばです。
D74_4737_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

ペースの遅い女性陣を待つヘイミッシュ。
D74_4742_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

ところどころの水溜りに入って体を冷やすヘイミッシュ。
D74_4746_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

結構ハイテンションで、
あっちこっち走り回るヘイミッシュ。
D74_4748_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

岩だらけの足場なんですが、
初めて見る風景や匂いを楽しんでいるようです。
D74_4753_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

途中で、軽いランチ休憩。
D74_4755_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

上の写真、例の写真家さん(右 cast 欄参照)が食べているのは、
朝作ってきたチキン・マヨ・サンドイッチでしょうか?

こんな岩だらけの場所を登って来ました。
D74_4758_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

さて、登り始めてから約 2 時間経過。
下を見下ろせば、こんな感じ。
D74_4771_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

一方で、上を見上げれば、こんな感じ。
D74_4772_D700_4.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

頂上は、ここから 1 時間半~2 時間くらいかな?
というところで、次回に続きます。
関連記事

テーマ : 旅の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

坂本です
良いですね。キャンプ。
私は昨日までラグビーのサマーキャンプでした。涼しい長野県菅平高原での合宿でした。タフな試合を重ねた5日間。選手たちも逞しくなりました。
たまには、そちらのようなキャンプも体験させてあげたいものです。

美しい~

これぞ大自然、といった雄大な景色ですね。
美しい~。

景色の美しさもさることながら、
rokisukeさんとhaykichiさんの体力も素晴らしい。
ロッキーを連れて登った時から10年近く経って、
しかも片道、4時間近くの登山でしょ~。

私、歩くのは好きですが、登るのはちょっと…。
絶対、ヘロヘロになります。

ヘイミッシュとヤギさんの「こんにちは」、可愛いです。
ここはどこだ?ってシチュエーションです。

> 坂本さん。

キャンプはキャンプでも、ずいぶん違いますね。
でもきっと、参加した人たちにとって中身の濃い 5 日間だったと思います。
こっちは涼しくて良かったですよ。
天気はいまいちでしたけどね。(笑)

Re: 美しい~

> ecru さん。

snowdon、良いところですよ。
犬連れはもちろん、子連れで登っている人も多いし、
コースによってはマウンテンバイクも OK なところもあるし。

この山、歩くのが好きなら大丈夫です。
登山というのは名ばかりで、ウェーキングレベルですから。
実は体力もそんなに要りません。
ecru さんも、機会があれば登りに来ませんか?
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
  日   月   火   水   木   金   土
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
最近の記事 10 +コメント 10
おみくじ
このブログは・・・
主にイギリスのミルトン・キーンズ周辺で撮った写真を使った、単なる犬ブログです。

書いてる人:rokisuke

rokisuke rokisukephoto.blog136.fc2.com
rokisuke.tumblr.com


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

cast
    例の写真家さん:

     別名:haykichi さん
     ダイエットと体力保持のため「走らなきゃ」
     と言いつつ頻繁に挫折する人です。
     和食・韓国料理、家のデコレーション関係、
     教育関係はすべて haykichi さん担当。
     詳細は、「まる」ないちにちで!


    愛犬壱号(1994~2008):

     本名:ロッキー
     日本生まれ、日本&イギリス育ちの人気者
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     (イギリスの悪名高き検疫所の経験者です)
     American Line の純血種 JKC 登録

    ネコちゃん:

     本名:不明
     たまに出没する近所のメスネコ
     ドコの家のネコか、何歳か、詳細は不明
     ヘイミッシュの登場以降出現せず。
     んー、残念。

    愛犬弐号(2010~):

     本名:ヘイミッシュ(スコットランド名)
     2010 年 2 月中旬、イギリス生まれ
     2010 年 4 月、 rokisuke の家族に加入
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     Working Stock の純血種 KC 登録済み

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。