犬好き、猫好きの皆さん、手伝ってください

犬、猫、その他のペット好きの方。
ペットを取り巻く環境を改善すべきだと思っている方。
ペットに甘い国は嫌だけど、ペットに優しい国が良いな、と思う方。
そんな方は是非ご協力ください。
2011 年 8 月 27 日(土)までの期間限定です。

犬と猫と人間のはなし。
     ほぼ日刊イトイ新聞
     http://www.1101.com/george/index.html

t_main.gif

yodogawa.gif

(以下略)


詳しくは、
上記参照の枠内にあるリンクを
クリックしてみてください。


簡単に言うと、
ペットを売買するときに、
その動物たちのおかれている環境を
現状よりも改善したほうが良いのだろうか?
そのために法改正をしたほうが良いだろうか?
という点に関して、
環境省が国民からの意見を求めているということです。

例えば、ここイギリスではペットショップでは犬も猫も売られていません。
ペットショップでの販売は禁止されているのです。
これには幾つか理由があるようですが、
ペットショップでの展示がペットに与えるストレスが大きいことや、
適正な時期まで親元で育てることで社会化を行う必要があることを
考慮した結果なのだと思います。

それから、ここイギリスでは、
ブリーダーで繁殖に使われる犬・猫は、
遺伝性疾患がないことが確認された個体で、
且つ適正な年齢の個体のみ、というふうに規制されています。
(個人の趣味で繁殖させている人は除きます。)

こういった
「ペットに優しい環境」
(ペットが傍若無人にのさばる環境じゃないですよ)
を法規制でもって用意することが出来れば、
日本のペット事情も徐々に変わってくるものと思います。

今、これを見直す 5 年に 1 度のチャンスということだそうで、
皆さんからの意見をメール、ファックス、郵送で環境省に送ることで、
少なくとも大衆の意見を伝えることが出来るようなのです。

このパブリックコメントを間違いなく簡単に送るための方法も
それから、メールの例文なども、
上記リンク内に分かりやすく書いてありますので、
是非行ってみてください。

皆さんのご協力があれば、
日本のペット販売事情は
もっともっと良くなるはずです。


僕も早速メールを入れておきました。

ちなみに、僕がこの情報を知ったのは、ぴっちさんのブログから。
ちなみに、僕はそこの黒猫ぴこさんのファンです。



ということで、
こういう話題にあわせて、
ヘイミッシュ(我が家のゴールデン・レトリーバーのオス、
現在 1 歳半)の生後 4 週間の頃の写真を公開。

どれがヘイミッシュなのかはまったく分からないのですけどね。
DSC_9960_D700_1.jpg
(D700/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED)

この中にヘイミッシュが写っているはず。
究極の「ヘイミッシュを探せ!」になりそうですが、そもそも正解が分からない。(笑)
DSC_9973_D700_1.jpg
(D700/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED)

この子かな?
DSC_9991_D700_1.jpg
(D700/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED)

それとも、この子かな?
DSC_9993_D700_1.jpg
(D700/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED)

この左側の子かもしれませんね。
DSC_0028_D700_2.jpg
(D700/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED)

日本でこれから生まれてくる
こういう子達に、
より良い環境を与えてあげたいのです。
関連記事

テーマ : 犬の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!

こんなに立派に紹介していただいて感動です~、ありがとうございます~!しくしく(感涙)
実際にイギリスはちゃんと実現できていることなんですよね、日本の状況はあまりにも掛け離れ過ぎていて悲しい。本当にイギリスが羨ましいです。。。もっとがんばれ、日本!!

それにしても!子犬ちゃん達かわいいーー♪このワンコ軍団の中に自分の顔をうずめて、ムツゴロウさん的にワシャワシャやりたい気分です~~(笑)

ええと・・・、ママのおっぱいに元気に食いついている、上から3番目の子!!
だと思います(笑)

ペットを取り巻く環境改善、重要な取り組みですね。
見にいってきます。

Re: ありがとうございます!

> ぴっちさん。

立派って・・・、
おいおい、そんな立派じゃないですよ。
それより、情報提供、どうもありがとうございました。

日本での犬の扱いには首を傾げたくなることが多いですよね。
かといってイギリスがちゃんと出来ているかと言えば、そんなことは無いです。
フランスやベルギーなんかと比べたら、イギリスはまだまだっていう気がします。

> むくあねさん。

ホント、ヘイミッシュはどれなんでしょうね?

環境省のパブリックコメント募集について、
もし良かったら、むくあねさんのブログでも取り上げてくれませんか?
なるべく多くの方の目に留まれば、それだけ改善の可能性も高まります。
とはいえ、期間が短いし、むくあねさんの手が空いていて、
且つむくあねさんが賛同すれば、のハナシですけどね。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
  日   月   火   水   木   金   土
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事 10 +コメント 10
おみくじ
このブログは・・・
主にイギリスのミルトン・キーンズ周辺で撮った写真を使った、単なる犬ブログです。

書いてる人:rokisuke

rokisuke rokisukephoto.blog136.fc2.com
rokisuke.tumblr.com


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

cast
    例の写真家さん:

     別名:haykichi さん
     ダイエットと体力保持のため「走らなきゃ」
     と言いつつ頻繁に挫折する人です。
     和食・韓国料理、家のデコレーション関係、
     教育関係はすべて haykichi さん担当。
     詳細は、「まる」ないちにちで!


    愛犬壱号(1994~2008):

     本名:ロッキー
     日本生まれ、日本&イギリス育ちの人気者
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     (イギリスの悪名高き検疫所の経験者です)
     American Line の純血種 JKC 登録

    ネコちゃん:

     本名:不明
     たまに出没する近所のメスネコ
     ドコの家のネコか、何歳か、詳細は不明
     ヘイミッシュの登場以降出現せず。
     んー、残念。

    愛犬弐号(2010~):

     本名:ヘイミッシュ(スコットランド名)
     2010 年 2 月中旬、イギリス生まれ
     2010 年 4 月、 rokisuke の家族に加入
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     Working Stock の純血種 KC 登録済み