クリスマスって、やっぱり家族で過ごす日です。

今年のクリスマスは友人宅におじゃましてきました。

とはいえ、クリスマスっていうのは家族で過ごすのが基本。
ちょっと気が引けたので
「クリスマスはやっぱり家族で過ごすものでしょ?でもホントに良いの?」と
行く気満々にもかかわらず
一応遠慮してる様子を見せつつ訊いてみたのですが、
「何言ってるの。クリスマスは一人で過ごすものじゃないでしょ。
 rokisuke だったら大歓迎!えーとね、時間は・・・。」
と切り返されました。

だったらもう遠慮無く、ということでおじゃますることに。
もうここから先は写真でどうぞ。

ダイニング・ルームのテーブルセッティング。
D75_0349_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

同じくダイニング・ルームの暖炉のマントルピース。
D75_0350_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

今年のロースト・ターキー。
D75_0373_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

こうやって切り分けるのは、まず毎違いなく男性の仕事。
切り方で味や食感が変わります。
D75_0386_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

キッチンからダイニングルームへは、
この窓を通して料理が出てきます。
D75_0355_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

保温機能付きのサービング・テーブル。
D75_0390_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

サービング・テーブル上に料理が集まってきたら
サービングの開始です。
D75_0395_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

そしてこれが昨日のブログの写真、ロースト・ターキー・プレートです。
あまりに美味しくて、おかわりまでしてしまいました。
D75_0401_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

こちらが昨日のブログの写真、クリスマス・プディングです。
D75_0404_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

取り分けてクリームとブランデー・バターを添えて。
D75_0415_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

食後にはチーズ!
撮り忘れました。

それからナッツ。
D75_0425_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

みかんも。
D75_0426_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

2 時間くらいかけて、
いろいろな話をしながら、食べて飲んで、クラッカーを鳴らして。

で、食べ散らかした後。
D75_0428_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

いやあ、本当に美味しかったし、本当に楽しい食事だったなぁ。
全部準備するのも大変だったでしょうけど、すごいなと思います。

で、ここからは男性陣だけでシガー・タイム。
葉巻の時間です。

なんと、コイーバ!
D75_0432_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

タバコを止めてから 5 年くらい経過しましたが、
葉巻は大丈夫。普通に吸えました。
ちょっと強かったですけど、すっきりとした味わいでした。

世界経済の動向だとか、
英国政府と日本政府の違いだとか、
東日本大震災+津波+フクシマのことだとか、
そんなことを英語で話しながら、葉巻をふかす 1 時間。

葉巻が強すぎたのか、
あまりに難しいことを英語で話し続けたせいなのか、
ちょっと頭がクラクラしてきたころに
女性陣の居るシッティング・ルームに移動。
D75_0438_D700_201112-2.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

そこの犬も、僕の膝の上でお休み中。
D75_0442_D700_201112.jpg
(D700/24-70mm F2.8 EX DG MACRO)

このあと、ウチに残してきたヘイミッシュが気になったので、
名残り惜しかったのですが夕方頃にお暇することにしました。

いやぁ、本当に良いクリスマスだったな。
今までも何度かイギリス人宅のクリスマス・ディナーに
おじゃましたことはあるのですが、
なんだか今回のおもてなしが一番暖かいような、
しっくり来たような、そんな気がします。

多分、色々な面で相当気を遣ってくれたし、
そういった社交に慣れた人たちだからかなとは思うのですが、
本当に良いクリスマスでした。
G 家のみなさん、ありがとうございました!



この間ヘイミッシュはウチでお留守番。
帰った時に、おもいっきり甘えん坊になっていました。
相変わらず元気ですけどね。
D75_0329_D700_201112.jpg
(D700/17-35mm F2.8-4 EX DG Aspherical HSM)

また明日からヘイミッシュ中心の生活に戻ります。(笑)
関連記事

テーマ : 食べ物の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

おつ・・兄ちゃんの持ってるのは、4~5メートルの枝?ってとこでしょうか?

rokisuke さんこれならお留守番だってしてるよ!!っていえるね。

イギリスのおもてなしって凄いですね!!

rokisuke さ~~~ん、早く帰ってきてご馳走してよ!!

> わんわんちさん。
 この枝は、多分 3 メートル無いくらいでしょうか?
 たまにこの倍の長さの枝を咥えて、走りまわって振り回してくれます。
 とても怖いですよ。(笑)
 「駄目!」って言えばすぐに離してくれますけどね。

 ここの家のおもてなしは、いつもすごいんですよ。
 古き良きイギリスっていう感じなんでしょうか?
 日本も田舎に行けばまだこういった感じで
 もてなす風習が残っている場所もあると思います。

 ちなみにイギリス料理は haykichi が担当しています。
 いま日本に一時帰国中なのですが、
 わんわんちさんちに寄れると良いんですけどね。
 是非 haykichi のロースト・ビーフ、食べてやってください。

イギリスのクリスマス

本当においしそうで温かみがあって、ホストの方の人柄がしのばれます(^-^)

息子に写真を見せたら、「すごっ!!イギリスのクリスマスって、豪華だね!」と興奮してました。「私のてきとーな料理しか知らないからな。ごめんよー」と反省した私は、せめてお節をがんばりたいと思います。

良いお年を!

Re: イギリスのクリスマス

> 伊勢原のIちゃんさん。
 今回の料理は、実は娘さんへの教育の意味もあったようで、
 親の監督の元、娘さんが殆ど作っていたようですよ。
 こうやって食文化が受け継がれていくんですね。
 僕にも受け継いで欲しいくらいです。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
  日   月   火   水   木   金   土
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
最近の記事 10 +コメント 10
おみくじ
このブログは・・・
主にイギリスのミルトン・キーンズ周辺で撮った写真を使った、単なる犬ブログです。

書いてる人:rokisuke

rokisuke rokisukephoto.blog136.fc2.com
rokisuke.tumblr.com


にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ にほんブログ村 犬ブログ 犬 写真へ

cast
    例の写真家さん:

     別名:haykichi さん
     ダイエットと体力保持のため「走らなきゃ」
     と言いつつ頻繁に挫折する人です。
     和食・韓国料理、家のデコレーション関係、
     教育関係はすべて haykichi さん担当。
     詳細は、「まる」ないちにちで!


    愛犬壱号(1994~2008):

     本名:ロッキー
     日本生まれ、日本&イギリス育ちの人気者
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     (イギリスの悪名高き検疫所の経験者です)
     American Line の純血種 JKC 登録

    ネコちゃん:

     本名:不明
     たまに出没する近所のメスネコ
     ドコの家のネコか、何歳か、詳細は不明
     ヘイミッシュの登場以降出現せず。
     んー、残念。

    愛犬弐号(2010~):

     本名:ヘイミッシュ(スコットランド名)
     2010 年 2 月中旬、イギリス生まれ
     2010 年 4 月、 rokisuke の家族に加入
     ゴールデン・レトリーバーのオス
     Working Stock の純血種 KC 登録済み